トロフィーのイメージ

自分がトロフィーを最もよく見る機会が多いのは、スポーツなどのトロフィーです。
例えばプロのサッカー選手たちが所属しているクラブチームがトーナメントなどの大会で優勝しているときにチームのメンバー全員でトロフィーを掲げて喜んでいる姿が自分にとっては一番印象的です。
あのトロフィーを掲げている選手たちの姿を見ていると、やはりかっこいいなと感じます。

トロフィーを獲得するには、当然のことながら大会かなにかで優勝だったり、少なくとも上位に入線していなければならないと考えられます。
そうでなければ、やはりトロフィーの価値というものは大幅に減少してしまうと思います。
すなわち、大会で成功を収めるために選手たちが普段から大会等に向けて努力してきたこともまた、トロフィーに反映されているのではないかと自分は感じています。よい成績を残さなければ、トロフィーを掲げることも、トロフィーを獲得することもできないわけですから。トロフィーというと、やはり金色なのでしょうか。
少なくとも自分のなかでイメージされているトロフィーはほぼ金色で輝いています。
トロフィーが金色であることもまた、かっこよさを一層引き立てているのではないかと思います。

スポーツニュースなどを見ていると、優秀な成績を収めたスポーツ選手がインタビューを受けている場面などを時々見かけます。
そのときに、インタビューに答えている選手の後ろにたくさんのトロフィーが棚のなかに大切に飾ってあるのを見たことがあります。
トロフィーの数が多いということはすなわち、それだけ実績があることにつながると思います。そのため、もしもその選手のことを知らなくても、後ろにトロフィーがたくさん飾られている姿を見ると、「あれだけのトロフィーを獲得したのだから、この選手はすごい選手、有名な選手なのだろうな」とイメージすることができます。
トロフィーはトロフィー自身はもちろんのこと、トロフィーを受け取った人々もまた輝かせることのできるものなのだろうと感じました。

自分も小さなものではありますが、トロフィーを受け取ったことがあります。
そして、そのトロフィーは今も自宅に大切に保管しています。それを見ると、「あのときは頑張ったな」とトロフィーを受け取ったときを思い出させてくれます。
自分のなかで気持ちに余裕がなくなってきたときには、ベッドの近くに飾られているトロフィーを眺め、「これからも頑張ろう」という気にさせてくれます。やはり、トロフィーは素晴らしいものなのだと実感させてくれます。

アワードスタイルで作るオリジナルトロフィー。 ただの「表彰」ではなく、人それぞれの素晴らしさを発見し、感動や感謝を伝える為の「アワード」を! 選べる4種類のストリーム樹脂楯であればこちらから。 子どもには頑張りに対する対価が必要。素敵な努力には正当な評価をしてあげることが大切なんですね。 スポーツは教え方次第では、良くも悪くも転びます。トロフィー屋さんから学ぶスポーツ雑学はこちらのサイトからどうぞ。